本音を語れる場所。見て同調するもよし。否定するもよし。これが気持ち。


by kakkosinobi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

演歌だワッショイ!!

演歌だワッショイ


俺の頭にゃねじり鉢巻 もちろん服装ふんどしさ
はずかしがってちゃ情けないから 見せてやろうぜ心意気
演歌だ演歌だ演歌だわっしょいしょい
演歌だ演歌だ演歌だわっしょいしょい

酒にタバコに女に演歌 これぞ男の生きる道
淵野辺まわりは男祭り ちょいとここらで演歌
演歌だ演歌だ演歌だわっしょいしょい
演歌だ演歌だ演歌だわっしょいしょい

以下感想文

感想かぁ~。
まあ、とにかく作りやすかったかな。曲があってそこに入る文字数もだいたいあって、テーマが演歌、ワッショイ(祭り)、とあったからねー
曲という器があってそこに8文字分の容量で歌詞という水を入れるだけだったので。
でもその水、中身、そう、いわば魂が難しかった。演歌と祭り・・・そこに魂を入れるには。

演歌・ワッショイ=男

そこから考え付いたのはそうだ、これだ!演歌オタク。
アニメオタクの萌え~が演歌オタクになると吠え~になるんでは。
なんか普段はおとなしいのに演歌のことになると騒ぎ出す。騒ぎ出すならそりゃお祭りだってね。
演歌だしワッショイ、イメージで書いたらこんな歌詞になりました。
っていっても全貌は鼻歌で歌いながら何個か文章書いてみていいものを抜粋してこうなりまして。作詞技術なんてないに等しいね。てか、これが作詞と言えるかどうか・・・
それも疑問だねこりゃ、たはは。
[PR]
by kakkosinobi | 2004-11-17 20:00 | 仕事