本音を語れる場所。見て同調するもよし。否定するもよし。これが気持ち。


by kakkosinobi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

もう限界です。でもやめません。

もう、朝日を見ること以外考えれません。体力は限界です。5人で登りました。

5合目~6合目

自分 テンション高いです。ふざけることが出来ます。
同士 一緒におふざけをして笑いもあります。
気温 ちょっと暑いくらいです。

まだまだ元気あります。足もまったく疲労はなく結構楽なのかと思います。

6合目~7合目

自分 まだまだテンション高いですが疲労を恐れています。もちろんふざけることは出来ます。
同士 一緒にしりとりをやる元気があります。会話もあります。まだまだ笑ってくれます。
気温 まだまだあったかいです。風が冷たいため汗が冷えて寒いとは感じます。

急に岩場になり道が急激に険しくなってくる・・・いきなり富士山の洗礼をうけまして。
6合目の休憩所で杖を買いまして。これ、絶対買うべし。あるとないとでは大違い。
なったらまず登ることは出来なかったであろう。それくらい重要。
みんなとしりとりをやりながら登る。

7合目~8合目

自分 若干テンションは低めに。ただふざけることはできます。が、ふざけた後は息切れします。
同士 全てのことに反応してくれなくなってきます。ただ、まだまだ笑ってくれます。
気温 寒くなってきました。

一人脱落です。。。
ここがほんとに厄介。8合目だと思って目指していたところが元祖7合目というわけわかんない場所。言い方で言うと7.5合目みたいなところで。
ここにくるともう休憩が多くなる多くなる。また、酸素も少なくなってきていると肌で実感できます。

8合目~9合目

自分 眠たくなってきました。ただ、ふざけることは出来ますがかなり回数は減ってきています。
同士 なかなか笑わないようになりました。
気温 7~8合とあんまり変わらずかと。寒いは寒い。

はい、ここここがホンときつかった。精神的にも体力的にも???
とにかく眠気が襲ってきて、休憩中にちょくちょく寝るしまつ。ちゃんと睡眠とったのになー。

9合目~9.5合目

自分 もう、眠いです。ふざける体力を睡眠と戦わせています。
同士 もう、最低限のことしかしゃべりません。
気温 急に息が白くなりました。

ここで、急に休憩所がグレードアップして中にはいろいろなものがありました。
500円のカップラーメンや1000円のカレー。
ここでコスゲさんが高山病にかかってしまい休憩をとってあとから追いつくことに。
ここから急に人が多くなってなんだか知らないが一列でほんとに列になってゆっくりと頂上をめざす。ペースがかなりゆっくりになってしまったため休憩はほとんどとらず。

9.5合目~10合(頂上)

自分 歩きながら寝てました。もう限界のようです。独り言しか言わないです。
同士 ひたすら前に・・声すら届きません。
気温 もう気温どころじゃないです。

今回の目的は朝日を見ること。日の入りは5時と計算、しかし4時半の時点でかなり明るくなってきて・・・あせるあせる。もう、休憩などとらずノンストップ。ひたすら上を目指す。
頂上まであと30分という看板をみてひたすら自分に鞭をうつ・・・

頂上。

自分 自分をほめてあげます。
同士 喜びを分かち合えます。
気温 やっぱり気温どころじゃないのはそうですが、寒いです。

・・・富士山に勝ったんだよなーおいらたちは。
この達成感はほんと。
うれしさ満点。
記念写真をたくさんとって下山。
ただ、思う。富士山の登頂は甘くはないけどそんなに難しくない。
ビバ、フジヤマ。
[PR]
by kakkosinobi | 2005-08-19 22:03 | 日常