本音を語れる場所。見て同調するもよし。否定するもよし。これが気持ち。


by kakkosinobi
カレンダー

<   2011年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ど田舎でよかった。

鳥取自体は田舎でも、それでも町はあるんです。
自分の家はその中でも山の中で田舎です。

ドラマとかに出てくるようなザ、田舎です。

そう考えればざ、田舎でよかったなと思う。


広い。
土地が広い。

面白いほど広い。

洗車もし放題、布団干し放題、虫が入ってきほうだい。

ヘルメット???そんなもん町内ではかぶらねー。
中学生は自転車でかぶっているが。

とにかく、そんな田舎。
今日も畑仕事は最高です!

おいでやす!鳥取!!
[PR]
by kakkosinobi | 2011-04-30 22:33 | 感情

先の進み道を

とまあ、決まっていることはほとんどありません。

相変わらず家の手伝いをしている毎日。
ん、これは家事手伝いか?

30にして。コレがニートというものか。。。

いろいろ考えることはあるがまだまだ報告出来そうなことはあんまりないです。
とりあえず、月々の支払いのため3月分の給料が入るのを待つ。。。

すいません。振り込みをお願いします。
魂の叫びです。

報告できるようなことがあればすかさず報告します。
とりあえず健康に毎日を送っています。

そして明日は母校の公式戦に行ってきます。
県のリーグでダントツのビリらしいです。

ビリ?
ドベ?
ケツ?

行ってきます。
[PR]
by kakkosinobi | 2011-04-23 12:10 | 日常

サッカーは変わらず

久し振りにフットサルをした。
鳥取でフットサルを出来る施設があろうとは。

幼馴染に誘われて一緒にやってきました。
そこには高校の二個上の先輩がいたりで久し振りにテンション上げて動いてきました!

地面が固い。。。
1時間4500円くらいなのか。。。
安い。さすが鳥取。

また、来週も行ってきまーす!
[PR]
by kakkosinobi | 2011-04-19 23:08 | フットサル(スポーツ)

鳥取では。

さて、毎日がのんびり過ぎていきます。
朝は早く起きて市場に行き、家の手伝い、12時にはご飯を食べてまた手伝い。
それから奥さんと地元探索に出掛け6時には帰ってきて晩御飯。

時間がたつのがのんびりです。


鳥取もなかなかいい店ありまっせ。
今度紹介します。

とりあえず求職中。。。

仕事下さい。
草いじりは・・・嫌いじゃないけどね。
[PR]
by kakkosinobi | 2011-04-17 23:26 | 日常

30代はじめの

10年という歳月は自分でもびっくりするくらい出会いがありました。

そして、あたたかくそれを見送ってくれる人たちにほんとにたくさん出会えました。
最後の1週間、お礼を言わせて下さい。

東京の仕事が終わって2週間以上がたちました。
どうしてもお礼が言いたくて、あと自分がこの気持ちをいつまでも忘れないようにどうしても文書に残しておきたくて。長い事書いていきました。

これからは前を向いて、これからの事を書いていきたいと思います。

でも最後に。

20代にありがとう。
みんなにありがとう。

ここから始めたいと思います。
[PR]
by kakkosinobi | 2011-04-15 08:09 | 感情

20代最後の学校

10年という歳月は自分でもびっくりするくらい出会いがありました。

そして、あたたかくそれを見送ってくれる人たちにほんとにたくさん出会えました。
最後の1週間、お礼を言わせて下さい。

駒大高校。

これほど思い入れのある現場は無かったかもしれない。
理由はいろいろある。
初めての一人現場。
そしていろいろ試すことができる現場。それを受け入れてくれる環境。
歳が近い指導者。
真剣なまなざしの学生。


仕事でお金はもらわないといけない。
ボランティアではいけない。
それは当然のこと。そして大切な事。

でも正直お金なんてどうでもいい。
あまり良い事ではないのかもしれないけど。
そんな気持ちだった。自分の持っているものをぶつけたい。
少しでも良くなってほしい。
もう一度言う。
あまりよくないことかもしれないけど無償でもやりたいと思えた。

休みがあれば顔を出していた。


高校サッカー最後の舞台、選手権。
自分も最後ということもあり思い入れがあった。
都大会準決勝、それまではベンチに入ってサポートをしていた。
準決勝

どうしてもマネーシャーをベンチに入れたい。
試合当日、そう申し入れがあった。

ベンチに入れる人数は決まっている。その子を入れると自分は入れない。
正直断ろうとも思った。

断れなかった。
勝負のためには自分が入った方がいいと思ったがそれ以上に自分以上に思い入れがあるマネージャーがいたから。

正直悔しかった。
思い入れがあった分、涙もでた。

ベンチには入れないが自分の仕事がピッチで出来ることになった。
うれしかった。一緒に戦うことができると思ったから。

そんなチームが全国大会にでた。


うれしかった。


全国に出たからではない。このチームがあったから。

そんな素晴らしいチーム。


このチームはずっと忘れない。

先生方、
前鶴君、
園部さん、
コーチの方々、
選手、
マネージャー、
保護者の方々。

ありがとう。
次会うときもサッカーという舞台の前で会えるよう努力します。
次の目標を示してくれてありがとう。
[PR]
by kakkosinobi | 2011-04-10 23:59 | 感情

20代最後の友

10年という歳月は自分でもびっくりするくらい出会いがありました。

そして、あたたかくそれを見送ってくれる人たちにほんとにたくさん出会えました。
最後の1週間、お礼を言わせて下さい。

大阪から一緒な時期に出てきて、そしてとうとう全員結婚して。

仕事を一緒にやって、毎週毎週同じ家に集まって、フットサルを本気でやってみて、
カラオケ朝まで行ってみて毎回同じ歌、歌って声からせて。
これが友人と言わずなんという。

この日も門限までの飲みのつもりが朝まで付き合ってもらって、奥さんがいるのにも関わらず付き合ってもらって。
この歳になるといろいろ考えるでしょ?
次の日の仕事とか家の事とか。

この集合をかけたのも前日だった。
でもみんなきてくれえた。

そんなやついる?
もっと考えようよ。

ほんと。
ありがとう。

光君、
仲ちゃん、
しんじくん。

離れたところで距離は関係ない。
本当にありがとう。
また時間を超越して集まろう。
本当にありがとう。
b0046140_20533028.jpg

[PR]
by kakkosinobi | 2011-04-09 23:59 | 感情

20代最後の客

10年という歳月は自分でもびっくりするくらい出会いがありました。

そして、あたたかくそれを見送ってくれる人たちにほんとにたくさん出会えました。
最後の1週間、お礼を言わせて下さい。


これだけ多くの店があれば、一回しかいかない店もあれば何回もいく店もでてくる。

そんな中でもうずっと通い続けている二件のお店。

まずは美容室。
20の時からいっている。まさに20代の美容室。

出会いは別のお店。
初めて紹介されていった、ちょっとカリスマなお店。
正直上品な人達ばかりであまり好きになれなかったお店だが紹介と言うこともあり我慢していった。
初めてでお任せで頼んだ髪型。

こんなにもしっくりくるものがあるのかと。全力で髪を切ってくれた。
そこから独立して今のお店になってもずっと通い続けた。
多少値段は高かったのかもしれない。
でもそんなものも気にならないほど、素晴らしい腕と人間性だった。
また、東京に行ったら髪を切りに行こう。

もう一軒はPPFMという服のお店。
もともとは大阪の時に着ていた服で何となく気に入っていたのでこっちでも店には言ってはいた。
だが決まってどこのお店とかはなかった。
今の店にいくようになったのはダウンのベストをすすめてくれた店員さんがきっかけだった。
それまではダウンのベストなど着ようともしなかった。
でもその店員さんはすすめてきた。
普段は着ませんと言ったのだが一度だけ試着をと言われしぶしぶ着たのを覚えてる。
着た感じは悪くは無いのだが普通。
それを察した店員さんは中にきるものの提案をしてきた。
それはそうするだろう。
だって店員なんだかた。
でもすすめかたとセンスがものすごく好きになった。
その人は店長になり今はエリアマネージャーらしい。

そのあとも違う店員さんになったのだがその店員さんも店長に負けず劣らず好きになった。
結局は服も好きだが一番は店が好きだったのかもしれない。
20代はこの服ばかり。
また、買い物にいきます。

最後は20代・・・と言うには新しい、トレーナーの仕事のお客さん?
学生のときに現場を求めてお願いした社交ダンスの方々。
初めてお金をもらったのもここだった。

知識も経験もない自分にいろいろ聞いてきてくれて、いろいろやらせてくれて。
大した仕事もしてないのにしっかりとお金は毎回くれて。
大切なお金を頂ける、そんな大事な大事な場所でした。
そんな場所を2年間も提供してくれた。ほんと感謝。
また、自分で良ければストレッチにいきます。

武田さん、
林さん
明さん、
蠣崎さん、
佐藤さん、

みなさんの人間性に魅了され、長いおつきあいになりました。
また、会いにいきます。
ほんとありがとうございました。



b0046140_043036.jpg

[PR]
by kakkosinobi | 2011-04-08 23:59 | 感情

20代最後の301

10年という歳月は自分でもびっくりするくらい出会いがありました。

そして、あたたかくそれを見送ってくれる人たちにほんとにたくさん出会えました。
最後の1週間、お礼を言わせて下さい。

東京にでてきて初めてお世話になったのが時田301でした。
どこで何をすればいいのかという状態の中、スタートをきるための道しるべを作ってくれたところで。
仕事も、バイトも、知り合いも。
いろんなところでいろんな経験が出来きました。
自分の原点。

もし、ここが無かったらなんとなく東京にいたかもっと早く実家に帰っていたか。

多くの人たちと会えました。
そいえばスポーツの世界に入ってから、ほとんどの人と連絡を取って無くて久し振りな人は8年とか結婚式以来とか。状況は変わっていてもほとんど変わって無かったみなさん。
お変わりなく。

なんだか同窓会みたい。

送別会という名目でしたがそれが集まるきっかけになってくれたみたいでほんと良かったです。わざわざ声をかけてくれてほんと感謝してます。

ここでは、多くの先輩と多くの友達ができました。
先輩にはいろいろと学ばせて頂きました。
ものすごく尊敬してました。
一人ひとり違うところがあって、全員のいろんなところを尊敬してました。
先輩でした。

たまたま同年代が多くいろいろ話を聞かせて貰いました。
大学生の雰囲気も少しは・・・?気分だけ味わえたと思ってます。
ありがとう。

人間関係で後悔はしたくありません。
その中で模範というなんというか、とにかく初めて関われたのが時田で本当に良かったです。

またこのような会をひらいて頂いてありがとうございます。

ジョーさん、
小宮さん、
松本さん、
奥村さん、
ロイヤー、
なみさん、
くわまい、
ごっち、
じゅんちゃん、
黒田さん、
こひがさん、
中込さん、

自分の中では人生のなかでとにかくでかいでかい出来事でした。
なにかあればとんでいきます。お待ちしてます。
ありがとうございました。

b0046140_12564979.jpg

[PR]
by kakkosinobi | 2011-04-06 23:59 | 感情
10年という歳月は自分でもびっくりするくらい出会いがありました。

そして、あたたかくそれを見送ってくれる人たちにほんとにたくさん出会えました。
最後の1週間、お礼を言わせて下さい。

この世界に入っての初めての現場。
わくわくとドキドキを胸に現場に挑んだ。という言葉がぴったりの現場だった。
生徒たちは純粋で本当にサッカーが好きなんだなと思った。

でも子供だなという一面もものすごくあり難しさも感じた。
まさか一年目で全国大会に行ってしまうとは思いもしなかったというのが本音だった。
だって自分がみているチームが全国だなんて・・・
想像もしなかった。

そういえば先輩に教えて貰った帰り道の銭湯。
初めて給料が出た時いった銭湯。

露天風呂で空をみながらうまくいかないことを考えながら空を眺めていた。

そんなはじまりの最後の現場。今日で終了。

生徒にも先輩にもコーチにも先生にも
みんなにありがとう。

また、きっとサッカーします。
b0046140_23481595.jpg

[PR]
by kakkosinobi | 2011-04-05 23:59 | 感情